教育移住 |  駐在・移住 |  セカンドライフ |  旅行・観光 |  賃貸物件 |  売買物件 |  新着情報
海外の不動産投資事情

日本人に不動産投資や移住先として人気の高い国やこれまでに人気のあった国をご紹介します。

【1】シンガポール

シンガポールは日本からの距離も近く、綺麗な国で魅力的ですが物価は高いです。2LDKの物件は1億円以上します。食費も日本より高く、一般的な庶民は家の購入も難しく生活をしていくのも大変です。

【2】オーストラリア

オーストラリアは日本人規制が強くなり、物件を購入できるエリアが限定されています。

【3】ニュージーランド

ニュージーランドは自然も多く日本に似た雰囲気を持つとても良い国ですが、日本から遠いことが不動産購入にはネックです。

【4】アメリカ・カナダ

アメリカやカナダでは永住権がとりにくいです。

【5】香港

香港は中国色が強く日本人の文化や性格に合いづらく生活しづらいでしょう。

【6】フィリピン

フィリピンは治安が気になりますが投資先としては成長を期待して検討する価値があります。生活するにはインフラもまだまだ整備されていないのでもう少し先になるでしょう。

【7】インドネシア

インドネシアは外国人は物件を購入できません。

【8】マレーシア

これらの国と比較しても、マレーシアは日本人の移住先として様々な利点が揃っている国です。
・日本からの距離が近い
・物件の所有権を持てる
・融資を受けられる
・ビザを取得しやすい
・日本人好き
投資先としても移住先としても魅力的な国の1つと言えます。

※購入や融資条件については適宜変更されますので、最新情報を確認するようにして下さい