教育移住 |  駐在・移住 |  セカンドライフ |  旅行・観光 |  賃貸物件 |  売買物件 |  新着情報
シンガポールからお出かけ

シンガポールの市街地からマレーシアの第二の都市ジョホールバルまで約40キロほど、1時間弱で行くことができます。シンガポールとの橋を一つ、国境を越えるだけで「ひと味違う文化を味わえる」ので、シンガポール旅行のついでに日帰りや1泊2日で旅行プランにいれてみることもおすすめです。
例えば、次のようなシンガポールでは味わえない魅力がジョホールバルにはあります。
● 日本人にも合う美味しい料理が楽しめる
● 物価が安いので多少の贅沢も問題なし
● 建設ラッシュの真っ只中、勢いを肌で感じられる
● ゴルフや近郊の島ではスキューバーもお得にできる

シンガポールからジョホールバルへの行き方は?

シンガポール~ジョホールバルの行き来にはタクシーとバスの2つがあります。
タクシーには相乗りタクシーもあり、早く快適に行きたいけどお金を少しでも安くしたい方にはお勧めできます。最も安い移動手段はバスです。現地の方々も大勢利用する移動手段でして、数百円で乗車することができますが、イミグレーション(入出国センター)でバスを下車して、入国手続きをするという手間が発生します。タクシーではタクシーに乗車しながら運転手にパスポートを渡すと、日本の高速道路の料金所のような所でパスポートを提示して入国手続きを済ませてくれるのでバスに比べると非情に楽です。

バス乗り場と相乗りタクシー乗り場は、シンガポールのブギス駅で降りて徒歩5分ほどの場所に隣接しています。バスはコーズウェイリンクと書かれた黄色のバスが定期的に運行していますので、バス乗り場に行けば乗車することができます。相乗りタクシ黄色い車両がマレーシア国籍のタクシー、青色の車両がシンガポール国籍のタクシーです。乗客が国籍を選んで乗車することはできず、順番に4人ずつ乗り込んでいきます。バスは深夜から早朝にかけて運行していない時間帯がありますが、タクシーは24時間営業しています。

個人的なお勧めは、2人以下なら相乗りタクシー、3人以上なら個人で国際タクシーを掴まえて移動することをお勧めします。バスでは時間も手続きの手間もでてくるので、その点を考慮するとタクシーの料金を払う価値は十分にあります。

シンガポールを早朝に出発して、ジョホールバルで1日を過ごし、夜にシンガポールへ戻るという日帰り旅行もできますが、物価の安いジョホールバルですので最低1泊して、ジョホールバルの食事や観光、街の雰囲気、現地の人々の暮らしなどを見て楽しんでみてはいかがですか。

ジョホールバルでは何を食べる?

ジョホールバルには日本人の口に合う食事がたくさんあります。特にシンガポールで食事に満足されていなかった人にはジョホールバルで食事をしてみることを強くお勧めします。ジョホールバルにはマレー系や中華系、インド系といった人種が生活しており、食事においてもそれぞれの食文化を尊重し、本格的な料理を楽しむことができます。
ジョホールバルで食べる料理の味付けが日本人にも抵抗のない好んで食べられる料理が多いように感じます。日本のイオンも現地では大変人気のスーパーでして、お寿司などもばら売りで販売されていたりと、ジョホールバルでは日本の文化も受け入れられているので、食文化においては近いものがあるのかもしれません。
他の国と比べてみても、ジョホールバルのパンが日本のパン屋さんのものに引けを取らず、美味しいと感じます。是非、朝食でも軽食でもいいので、美味しそうなパン屋さんをみかけたら食べてみてください。

ジョホールバルに旅行へ行ったら、必ず食べてみて欲しい料理はたくさんあります。短期滞在でしたら、日替わりで食べ歩いていかれると、食事には満足してよい思い出となることでしょう。

ジョホールバルで日本人に人気のある料理

ジョホールバルでの過ごし方は?

①観光・街歩き
入出国センター周辺のジョホールバル地区を歩いて散策してみてください。ジョホールバルの開発が続く街や人々の雰囲気を肌で感じられます。ショッピングセンターや露店などに立ち寄りながら、どんなお店があるのか、どんな商品が売られているのか、どんな人たちが売っているのかなど見ているだけで日本と違うものが見られて楽しめると思います。

ジョホールバル地区の周辺

②小旅行
ジョホールバルから数時間移動すれば、島へ行くことができます。島の海は透明度が高く綺麗です。シュノーケリングやスキューバダイビングなども日本と比べても安いので手軽に楽しめます。シンガポール旅行で滞在日数に余裕のある方でしたら、島でシャレーと呼ばれる宿泊施設などを予約して1泊リゾートで過ごすというプランも可能となります。

ジョホールバルから北へ車とフェリーで4時間 ティオマン島の美しい海

③買い物
ジョホールバルから45分ほど北上すれば、アウトレットがあります。日本にあるアウトレットをイメージしていただければよいです。敷地は広く、施設の構造も日本のアウトレットとよく似ており、有名ブランドもたくさん入っています。有名ブランドの商品の価格は、ジョホールバルの物価ほど安いという印象は感じられなかったのですが、広々とした綺麗な施設でゆっくりと買い物や食事を楽しむ施設としては1度行ってみてもよい場所です。
ジョホールバルには昔からあるシティスクエアというショッピングモールをはじめ、コンドミニアムの建設ラッシュにあわせて同じ敷地内にショッピングモールを併設されてきています。日本のユニクロや無印、ラーメンや居酒屋などの飲食店も入っています。ショッピングモールも綺麗で現地の人も多く利用しているので、現地の生活を感じつつ、買い物を楽しむことができます。

ジョホールバルにあるショッピング施設

④レジャー施設(キティランド/レゴランド)
ジョホールバルのレジャー施設として最近できたキティランドとレゴランドがあります。

宿泊する場所は?

宿泊はシンガポールの半額ほどの料金でホテルに宿泊できます。ほとんどのホテルでwifiもつながるのでホテルでの滞在も不自由なく過ごせます。

最近ではコンドミニアム(高層マンション)の建設が続いており、各部屋のオーナー様がairbnbなどを利用して宿泊施設としても提供をしているお部屋が増えています。日本でいう東京の高層タワーマンションのような建物で、24時間セキュリティやプール、ジムなどが併設されており、部屋も100平米以上のものが多く、ホテルよりも安価に宿泊料金が設定されているものが多いので、宿泊先の選択肢の1つとしてお勧めできます。

ホテルならブッキングドットコム、民泊ならairbnbで宿泊先を探してみてください。価格もシンガポールと比べると、とても安いと感じられると思います。1時間弱の距離で橋を一つ超えるだけで、これだけ物価に差があることの違いを感じられるのも面白い体験ができるでしょう。

一般的なコンドミニアムの宿泊施設
1000円台から宿泊できる部屋もあるairbnb
※価格は常に変動しますので最新の価格はairbnbよりお調べ下さい。 Airbnb公式サイトはこちら