教育移住 |  駐在・移住 |  セカンドライフ |  旅行・観光 |  賃貸物件 |  売買物件 |  新着情報
なぜ日本人に人気なのか?

マレーシアは日本からのアクセスもしやすく、年間を通じて暖かい気候で、食事もマレー系・インド系・中華系・日本食と充実していて、言語もみんなが英語は必ず話せるよう教育を受けてきているので、日本人のセカンドライフの移住先としてもここ数年人気NO1、さらにはここ最近では政府のジョホールバル開発計画により、都市開発も進められており、その中の一つにインターナショナルスクールがたくさん開講されて、日本人の母子留学先としても人気が高まってきています。

日本からマレーシアまで飛行機で6時間

日本からマレーシアまで飛行機で6時間くらいで行くことができ、飛行機の本数も充実しており、さらにはエアアジアなど格安航空会社もあり、キャンペーン時期では1~2万円で行くこともでき、国内旅行や新幹線で移動するよりも安く移動できることもあります。
深夜日本を出て、飛行機で寝ていれば翌朝にはマレーシアに到着していて、時差も1時間と体に大きな影響もなく、すぐに活動に入れるのが想像以上にメリットです。


日本人に人気の主な要因

・親日国家で、日本人に優しく住みやすいです。
・物価が安いです。例えば、割と高いといわれているビールでも500mlの瓶ビールが100円ほどです。
・インターネットや電気などのインフラ設備も充実しています。時々、途切れたりすることもありますが、カフェなどのお店でもフリーwifiは当たり前なので便利です。
・ビザが取得しやすいです。10年住める永住休MM2Hビザもマレーシアでは日本にいながら取得でき、他の国と比較してもハードルが低いです。
・贈与税、住民税、所得税(28%程度)など税金が安いです。ただし、日本で非居住者になっていなければ、現地で確定申告して日本でも確定申告をしなければいけないので税金面も考慮して考えたい方は、マレーシアで住み非居住者になるとよいです。
・子育てにも良い環境です。現地の人は子どもをとても大切にし、子どものことがとても好きです。例えば、子どもを抱っこしていると、すれ違う人が笑顔で声をかけてくれたり、レストランで食事をしていると、店員さんが抱っこして食事のサポートをしてくれることも頻繁にあります。

親日国家

子どもの教育場所としても魅力的

公用語はマレー語ですが元々はイギリスの植民地であり、現地の人は英語、中国語、マレー語の3ヶ国語を喋ることができす。現地の大学へ2年間通えば、イギリスの大学に単位交換でそのまま行くこともできます。
ハワイの語学学校だと年間100万~200万円の費用がかかるが、マレーシアだと月10万円以内(学費3万/月~、寮費4万/月~)で通うことができる学校もあります。

インターナショナルスクール
教育移住について詳細を見る